歯を抜きたくない~根管治療~|海老名駅西口直結の歯医者「海老名むらやま歯科」で安心の歯科治療を

  • コンセプト Concept
  • スタッフ紹介 Staff
  • 当院の特徴 Features
  • 初めての方へ First
  • 医院情報 Clinic

サンキューイーハ 046-205-3918

歯を抜きたくない~根管治療~

重度の虫歯や神経の死んだ歯も「抜かずに残せる」可能性があります

重度の虫歯や神経の死んだ歯も「抜かずに残せる」可能性があります

歯がズキズキと痛んだり、歯にズーンと重い痛みがあったりするなら、虫歯が重症化している可能性があり、抜歯リスクが高まっています。しかし、抜歯はお口のバランスを大きく損なうものですので、できれば抜歯せずにすむ解決法を選びたいものです。

神奈川県海老名駅西口直結、ららぽーと前の歯医者「海老名むらやま歯科」では、重度の虫歯や神経が死んだ歯でも、抜歯せずに治療を行えるエクストリュージョン根管治療などの方法をご提案できます。他院で「抜歯しか方法がない」「治療法がない」といわれた方、歯を失わずに済む方法をお探しの方はぜひ一度当院へご相談ください。

歯を引っ張り上げて救う「エクストリュージョン」

  • 歯を引っ張り上げて救う「エクストリュージョン」
  • 歯を引っ張り上げて救う「エクストリュージョン」
  • 歯を引っ張り上げて救う「エクストリュージョン」

エストリュージョンは、歯根廷出(しこんていしゅつ)とも呼ばれる治療法。歯の深い部分にまで虫歯が進行している場合でも、歯を強制的に引っ張り上げることで、歯を残す治療法です。引っ張り上げられた歯根は、歯の内部の治療や歯根の割れの治療などが行えるようになり、最終的には、その歯を残すことができます。

この治療法の一番の難点は、事前の診断が非常に難しいということ。また、埋もれていた部分を実際に引っ張り上げてみると、治療ができないことも。しかしながら、歯を残せる最後の可能性でもあるため、検討してもよいでしょう。

根っこから治す「根管治療」

  • 根っこから治す「根管治療」
  • 根っこから治す「根管治療」
  • 根っこから治す「根管治療」
  • 根っこから治す「根管治療」

根管治療は、歯の内部まで虫歯が達している場合に、内部から汚染された歯髄や歯質を取り除き、洗浄・消毒ののち、薬剤を隙間なく詰めます。最後に、被せ物を装着して歯の機能を回復させます。歯を抜かずに、内部をきれいにして根っこを残す方法です。

根管治療が必要な場合

次のような症状があれば、根管治療を行う必要があると判断できます。

  • 冷たいものや熱いものを口にしたときに、歯が痛い・しみる
  • 歯を噛み合わせたときに、痛みがある
  • 歯ぐきの腫れを指で押すと、痛い
  • 何もしていないのにズキズキと痛い

根管治療では、歯の内部まで深く処置を行うため、麻酔を施します。当院では、できるだけ痛みを感じさせない無痛治療への取り組みを行っています。痛みに弱い方にも安心して治療を受けていただけます。

治療を成功させるための取り組み

正確な診断のために~歯科用CTで3次元画像を作成~

正確な診断のために~歯科用CTで3次元画像を作成~

小さな歯の歯質の内部にある「根管」、さらにその内部は複雑な枝道や曲がりくねった管になっています。場合によっては、側枝(そくし)と呼ばれる枝状の細い管も存在します。根管治療では、このような複雑な根管内部の先端の隅々まで、汚染物質を除去し、洗浄・消毒・薬剤詰めを行う必要があります。

正確な診断のために~歯科用CTで3次元画像を作成~

こういった複雑な部分は、肉眼や従来のレントゲン撮影では正確に把握しにくい部分です。そこで、当院では、歯科用CTを使った撮影データを3次元立体画像としてコンピュータ上で再現。歯根の内部の様子まで正確に把握したのち、正確な診断をくだし、精密治療に役立てているのです。

手探りではなく拡大鏡を使用した精密な治療

手探りではなく拡大鏡を使用した精密な治療

根管治療に失敗して再治療となると成功率が著しく低下してしまうため、初回で精密な治療を実現する必要があります。当院では、肉眼の数倍にも視野を拡大して見ることができる拡大鏡を使用しています。これによって、汚染物質の取り残しや根管のヒビや出血の有無など、失敗の原因となる要素を見つけやすくなり、格段に成功率が向上させられるようになっています。

歯を残すことは難しい治療のため、根気が必要です

歯を残すことは難しい治療のため、根気が必要です

根管治療では、さまざまな工程を丁寧に行う必要があります。そのため、回数をかけて精密に処置を行い、しっかりチェックしながら進めていく必要があります。つまり、患者さんにも何度も通院してもらい長時間処置に耐えていただく必要があるのです。

根管治療の途中で、仕事が多忙になったり、痛くなくなったりといったことを理由に通院をやめてしまわれる方がいらっしゃいます。不完全な状態でいるといつまた再発し、再治療が必要な症状が出るかもわかりません。そうなるとさらに大掛かりな治療が必要となるのです。難しい治療ですので大変ですが、患者さんにも根気よく通院していただきたいと考えています。

残すことで悪影響がある場合は抜くこともあります

残すことで悪影響がある場合は抜くこともあります

抜歯すべき歯であってもできれば残したいものですが、歯を残すことで周囲の歯への悪影響が大きい場合、抜歯のリスクをとってでもその後のお口の健康維持のためには必要であると診断した場合は抜歯いたします。この判断は、歯科医師や歯科医院によって異なります。当院では、できるだけ歯を残すという考えを基本にしていますが、「骨髄炎(こつずいえん)」や「歯性病巣感染」などの重度疾患を引き起こす可能性がある場合には、患者さんにご説明ののち、抜歯をご提案することがあります。

重症の虫歯になる前に、未然に防ぎましょう 虫歯・歯周病を防ぎたい~予防治療~