痛みが苦手な方へ|海老名駅西口直結の歯医者「海老名むらやま歯科」で安心の歯科治療を

  • コンセプト Concept
  • スタッフ紹介 Staff
  • 当院の特徴 Features
  • 初めての方へ First
  • 医院情報 Clinic

サンキューイーハ 046-205-3918

痛みが苦手な方へ

痛みをできるだけ感じさせない歯科治療を心がけています

痛みをできるだけ感じさせない歯科治療を心がけています

たとえ必要な処置であっても痛みを感じる歯科治療は誰だって嫌なものです。痛みの感じ方には個人差がありますので一概に「まったく痛くない」とはいえないのですが、処置時のさまざまな工夫で「痛みをできるだけ感じさせない」ことは可能です。

歯科治療で痛みが生じやすいのは、麻酔注射をするときです。麻酔さえ効いてしまえば、痛みを感じることはありませんので、麻酔注射が痛くなければ無痛治療は成功といってもいいでしょう。神奈川県海老名駅西口直結、ららぽーと前の歯医者「海老名むらやま歯科」では、麻酔時の痛みを軽減するさまざまな取り組みを行っています。痛みに弱い方、痛みを抑えた歯科治療を希望される方は、ぜひ当院へご相談ください。

麻酔注射で痛みを感じさせない当院の工夫

注射の前の「表面麻酔」

これは現在多くの歯科医院ですでに定番の方法です。注射を打つ部分へ、ゲル状の麻酔液を直接塗って感覚を麻痺させ、針が刺さるチクっとした痛みを感じさせません。頑固に付着した歯石を除去する際にも採用しています。

振動で痛みを緩和する「振動麻酔」

振動麻酔では、歯ぐきに微細な振動を与え、末梢神経を刺激します。こうすることで、患部を麻痺させることができ、痛みを緩和できるのです。

「極細針」でチクっとした痛みがわからない

鍼灸治療では、針が刺さるときの痛みをほとんど感じさせません。それは極細針を使用しているからです。当院では、極細針を麻酔注射針に使用しています。表面麻酔と組み合わせることで、さらに痛みは感じられなくなります。

「麻酔液を温めて」痛みを緩和

体温と麻酔液に温度差があると、液が注入されているときにしみたり痛みを感じたりする原因となります。当院では麻酔液を人肌程度に温めることで、注入時の冷たさや違和感につながらないようにしています。

針を刺す「角度や場所」で痛みを感じにくく

麻酔注射で痛みを感じさせない究極のテクニックは、やはり歯科医師の技量。表面麻酔や極細針、人肌の麻酔液などを使用しても、すべての麻酔注射を無痛にできるわけではありません。お口の中でも痛みを感じさせない場所や角度があります。また極細の注射針もわずかに先端が斜めになっている部分があります。そういった特徴を熟知しており、的確に注射ができるかどうかで患者さんの痛みの感じ方は異なるのです。

【当院の麻酔注射は痛くないと評判です!】

【当院の麻酔注射は痛くないと評判です!】

麻酔注射の痛みは、歯科医師の腕に左右されます。近年は電動麻酔器による注射で、痛くない麻酔をアピールしている歯科医師も多くいますが、当院では、微妙な力加減や感覚で、患者さんの様子を見ながら調節ができる「手動」による注射をあえて選択しています。

患者さんからは「注射をしたことに気づかなかった」というほど定評があります。経験や技術があるからこそ、手動による微調整が可能なのです。コミュニケーションを重視し、信頼関係を築く努力をしているのも一つの要因かもしれませんね。痛くない麻酔注射、痛くない歯科治療をご希望の方には、特に配慮した処置を行っています。ぜひ一度ご相談ください。